ルパン三世「カリオストロの城」は不朽の名作だと思うkikiです、こんばんわ(パクリ

と思ったんだけど、~です。kikiです。ってはじまり方以前からやってたよなあ、と思い直してみてみたらやっぱりやってた。でもインスパイヤかなやっぱ(笑

数日前の話ですが、なんか突然ルパン三世が見たくなってカリオストロの城見たんですよ。やっぱり面白いねこれ!

話的にはありふれてるし、矛盾もいっぱいあるんだけど、そんなのどうでもいいと思わせてくれる勢いに溢れてる。興行的には失敗だったみたいだけど。

当時はSF全盛期で、SFじゃないと売れない、みたいな時代だったとか・・・そんな時代もあったんですね。でもそんな当時でも、上映終了と同時に拍手が起こったとか・・・それなりに映画館に行ったことはありますが、そんな経験したことないなあ。それだけいい映画ってことですかね。

また、宮崎駿監督の第一作目の映画でもあるんですよねこれ。まあなんか、これがあまりにも面白すぎたせいで、それ以前とそれ以後のルパンの形がまったく変わってしまったとか(笑)
原作者のモンキー・パンチでさえ、この作品はとても評価してるけど、それ以降やりづらくなったとか言ってるし。もともと、ルパン三世ってピカレスクロマンが主題の物語なんですよね。だからもともとの作品が好きな人は「後ろから女を撃たないルパンなんてルパンじゃねーよ!」と言うらしい。

それでも、私はこのルパンが好きですが!

と、デラとまったく関係ない話をしておわり。